TOPへ

内科|左京区修学院のあおきクリニック|生活習慣病 糖尿病 高血圧

京都市左京区修学院の内科・消化器内科 あおきクリニック
075-744-6005 お問い合わせフォーム

総合内科

内科

熱・関節痛でのインフルエンザなどのウイルス感染症、のど痛・咳・痰などのかぜ症状や細菌感染症、げり・吐き気などの胃腸炎の診療を行っております。また、鼻水・目のかゆみといったアレルギー性鼻炎や花粉症の診療も行っております。

レントゲンや採血した結果(血算、CRP、生化学検査)は院内の迅速機器で20分以内にすぐにお伝えできるように医療機器をそろえており、かぜでしんどい患者さんには院内処方でお薬を受け取っていただけるように工夫しております。日本内科学会総合内科専門医が丁寧に診察しますので、他にお困りのさまざまな症状(頭痛、腰痛、手足のむくみ、かゆみ、夜眠れないなどの症状)にも対応しております。当院は日々研鑽を積んでいる医師に交付される日医生涯教育認定証交付医療機関ですので、最新の医療情報にも精通しており安心して受診いただけます。お気軽にご相談ください。

生活習慣病

健康診断で最も多く有所見となるのが肝機能障害といわれていますが、脂肪肝、高血圧、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病の診療を行っております。
総合内科専門医が丁寧に診察して生活習慣病の早期発見、治療に取り組んでおり、認知症の診療も行っております。ご高齢で複数の内科疾患をお持ちであっても、かかりつけ医として安心して相談いただくことができます。その生活習慣の改善法について、働いておられる方には日本医師会認定産業医として日常活動している経験から診察・検査結果を元に丁寧に助言や加療をしております。また、管理栄養士による栄養指導も定期的に行っております。不眠症加療や飲酒相談も随時行っておりますのでお気軽にご相談ください。

かかりつけ医とは

『なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師のこと』と日本医師会は定義しています。
『大きな病院の専門診療科に通院しているけど、次回受診までの間の体調に不安がある、別の症状もあるので相談先が欲しい』『何かあった時に大きな病院へ受診できるように普段から診ておいてほしい』など。
当院は地域住民から信頼されるかかりつけ医であることを証明するのに必要な研修を修了した医師に交付される日医かかりつけ医機能研修制度認定医療機関となっておりますので、健康に関するさまざまな相談に対応しております。

認知症の診療の他にも介護保険にも精通し、地域の医療活動にも日々携わっております。また、近隣の高度医療機関とも連携しておりますので、近くに気軽に相談できるかかりつけ医としてご利用いただければ結構です。
何でも健康に関することは相談できる地域に根差した内科医院として、笑顔と思いやりをモットーに優しい医療を提供しております。緩和医療にも長らく携わってきましたので、終末期の相談も行っております。お気軽にご相談ください。

075-744-6005 お問い合わせフォーム