TOPへ

内視鏡ストレッチャー|左京区修学院の内科・消化器内科 あおきクリニック|青木 信裕

京都市左京区修学院の内科・消化器内科 あおきクリニック
075-744-6005 お問い合わせフォーム

内視鏡ストレッチャー

日本国特許取得済みの内視鏡用ストレッチャーを紹介します

このベッドは、しんどい内視鏡検査を受けられる患者さんの苦痛を少しでも取り除きたい、介助者の苦労を少しでも減らしたい、検査や治療中の検査医のストレスを少しでも軽減したい、という院長の医療に対する思いから改良を重ねて開発に至った内視鏡用ストレッチャーです。

国際特許PCT出願を行い、国内外で学会発表2-5)し、日本国特許を取得1)し、試作を重ねて企業の協力を得て上市しました。国際的な評価もあり3)、内視鏡設備の整った施設で普及していっております6)

特徴はベッドの上に回転・昇降する足台が付いていることです

大腸内視鏡検査中患者さんの体位変換は97.6%で行われていることが調査から明らかになりました2)。患者さんのしんどさを軽減するための鎮静内視鏡検査は、鎮静剤使用で力が入らなくなった患者さんの足組みを支えるのに割く介助人員不足と、検査中後の観察に割く設備と看護不足の問題があり日本では普及が遅れています。今回特許取得済の内視鏡ストレッチャーは設備面から患者さんと介助者と検査医の負担を解決する内視鏡ベッドの形態が追求されています1)。日本発で世界の内視鏡検査のスタンダードなベッド形態になると期待されております6)

ベッド上の足台は回転・昇降する機能があるので、患者さんが側臥位でも仰向けでも体格差があっても、検査医の大腸内視鏡操作野が広く確保できるように工夫されています2)4)5)。足台の使用により患者さんの体位が安定することから、検査医は大腸内視鏡操作性が向上して検査や治療がやりやすくなり2)、検査時間が短縮しました4)。また、足台の使用で患者さんの検査の辛さが意識調査で改善されていました2)4)

上下部内視鏡検査が鎮静下でも、足台が下腿をやさしく保持するので、患者さんの足を介助者が押さえて抑制する必要がなくなりました2)4)5)。体位変換を足台がサポートするようになったので、介助者は患者さんと検査医に対する介助に専念できるようになり、より安全・安楽になり介助者のストレスが軽減しました2)4)5)。ベッド柵もあるため安心して安全に検査中後も経過観察できるようになっています5)

足台を使用すると仰向けでは両下肢挙上する体位となるので血圧低下が防止できることから、鎮静剤使用による血圧低下にもすぐに対応できるようになりました4)5)。足台使用で患者さんの腹部の緊張が取れて用手圧迫がしやすくなり大腸カメラを挿入しやすくなる効能もありました4)5)

このベッドは苦痛の少ない、安心・安全・安楽に受けられる内視鏡検査に不可欠なものとなっております。

足台を取り外して蓋をすると内視鏡ストレッチャーに早変わりします5)6)。胃カメラ検査にはこの状態で使用できます。転倒のリスクなく鎮静内視鏡検査後に回復室までそのままストレッチャーで移動して、ゆっくりお休みいただくことができます。当院の回復室は自然光の入る広いスペースを確保しており、ゆったりとくつろげます。

当院は内視鏡ベッドに関する様々なお問い合わせも受け付けております

患者さん、医師、コメディカル、医療機関、卸、メーカー様などからもお問い合わせを随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

内視鏡用ベッドは各種特徴のあるものに改良されて商品化されて上市しており、広く医療機器として入手可能となっております。詳しくは卸しや以下の会社へ問い合わせください。

  • 松吉医科器械株式会社 内視鏡用電動カイザー 松吉医療総合カタログに掲載中
  • 株式会社高田ベッド製作所 垂直電動MFWタイプ6) 
  • 株式会社アダチ製 引き出しと高周波装置ユニットタイプ 学会にて展示中

世界中の皆さんに特許取得した内視鏡ベッドの快適さと便利さと安全性を実感していただければ幸いです。あおき消化器内科クリニックは世の中を便利にする発明でこれからも社会に貢献していきます。

  1. 日本国特許(特許第5779300号)発明の名称:「大腸内視鏡検査用下腿載置台及び大腸内視鏡検査用ベッド」、発明者:青木信裕.
  2. 第87回日本消化器内視鏡学会総会, 福岡国際会議場, May 16, 2014, O24-09 医師と介助者と被検者の負担を軽減する新規大腸内視鏡検査用下腿載置台の開発.青木信裕
  3. DDW2014, Chicago, May 3, 2014, Sa1431 A new invention of Lower Leg Holder for an examinee contributes to safer colonoscopy. Nobuhiro Aoki
  4. 池田宗弘, 青木信裕:介助者の負担を軽減できる新規大腸内視鏡検査用下腿載置台の開発.日本消化器内視鏡技師学会会報2014;53:51-52.
  5. 池田宗弘, 青木信裕:被検者・介助者・検査医にやさしい内視鏡ストレッチャーの開発.日本消化器内視鏡技師会会報2015;55:115-117.
  6. 医療界ヒット商品最前線「株式会社高田ベッド製作所 内視鏡検査用ベッド垂直電動MFWタイプTB-1283」2016年9月 『月間メディカル・クオール』 No.262 P42-45
075-744-6005 お問い合わせフォーム